インタビューテープ起こしのガイドラインとは

ヘッドフォンとマイクを持つ男性、デジタル・インターフェイスを示すノートパソコン、インタビュー原稿のハイライト。
当社のガイドラインを参考に、インタビューのテープ起こしをマスターしてください。

Transkriptor 2023-01-15

面接のテープ起こしの準備とは?

  1. インタビュー原稿に 何を求めるかを決めて準備する。
  2. トランスクリプトに何を求めるかを決め、それがプロセスにどのような影響を与えるかを検討する。
  3. トランスクリプションの要件を選択します。テープ起こしのニーズを選択し、最高レベルの精度を保証するサービスをご覧ください。

インタビューの書き起こしに必要なツールは?

必要です。

  • ノイズキャンセリングヘッドフォン。バックグラウンドノイズは、転写の精度に悪影響を及ぼします。 ノイズキャンセリングヘッドホンは、より音声に集中することができます。
  • お使いのコンピュータ音声をテキストに変換するのに、高性能なコンピュータは必要ありません。 ラグを軽減できる程度の処理能力があれば十分です(特にGoogle DocsのようなWebベースのワープロを使用する場合)。 テープ起こしは、オーディオファイルの3倍から4倍の時間がかかるとお考えください。
  • テープ起こしソフトです。専用ソフトを使用することで、プログラムを切り替えることなく、入力や録音をコントロールすることができます。

インタビューの書き起こしには、どの程度の詳細さが必要なのか?

前述のとおり、転写の目的によって、必要な詳細度が決定されます。 など、いくつかの選択肢が用意されています。

  • フル・バーバティック・トランスクリプション 。うーん」「あー」「ポーズ」「フォルススタート」など、言葉のトリックを含む最も生のインタビューです。
  • インテリジェント・バーベイタム 。バーベイタム」、「クリーンバーベイタム」、「ワードフォーワード」とも呼ばれ、フルバーベイタムスクリプトを少し洗練させ、余分なものをすべて取り除き、読みやすくしたものです。
  • 詳細なメモ インタビューは一連の詳細なメモにまとめられ、大量のテキストを解析することなく、必要な情報に素早く簡単にアクセスできるようになっています。

インタビュー原稿を作成する手順とは?

  1. 書き写す前に録音全体を聴く
  2. 最初のラフを書き写す
  3. テープ起こしソフトやオンラインツールを利用する
  4. トランスクリプトを再確認し、編集する
  5. お客様のニーズに合わせたトランスクリプトのフォーマット

ステップ1:書き写す前に録音を全部聴く

聞きながら、メモを取る。 スピーカーを決定する。 専門用語やスラングなど、覚えるべき単語やフレーズをリストアップしておく。

このとき、音声をどのようなタイプに書き写すのが適しているのか、完全逐語的なのか、逐語的なのか、詳細なメモなのかを決定します。

ステップ2:最初のラフを書き写す

次に、ラフ原稿の書き起こしを試みます。 特にタイピングスピードに自信のない方は、この方法が賢明でしょう。 必要であれば一時停止することはできますが、巻き戻しは避けてください。

bc “は “because “の略で、例えば “because “は “because “の略として使用します。 これらは後で「検索と置換」機能を使って変更することもできますし、ワープロのオートコレクト機能を使って、その都度修正することも可能です。

ステップ3: テープ起こしソフトやオンラインツールを利用する

テープ起こしソフトやオンラインツールには、テープ起こしの作業を簡単にするものがいくつかあります。 これらのツールには、自動タイムスタンプ、異なる速度での再生機能、話者の識別タグを挿入する機能などが含まれています。

ステップ4:トランスクリプトを再確認し、編集する

これで、読みやすい文字起こしができました。 あとはそれを磨き上げて、世に出すだけです。 ラフ原稿は読めるものですが、誤字脱字など修正すべき点があります。

ステップ5: 必要に応じたTranscriptの書式設定

素早く参照するためにスキャンする場合でも読みやすいように、フォントやサイズを調整します。 小見出し、タイトル、段落、ページ番号はすべて使用する。

転写記号とは?

文字起こしでは、話し言葉のさまざまな側面を示すために、いくつかの記号が使われます。

  • カンマ(、)。 思考の流れや文の構造における小さな区切りを示すために使用します。 カンマは1~3秒程度の短い間を表します。
  • 省略記号(…) 。参加者が文頭で脱線したり、長い間(3秒以上)休止している場合に使用し、省略を表現します。
  • Emダッシュ(-)。 同じ単語を繰り返したり、急に言葉を変えたりなど、話し方が変わることを示すのに使われます。 また、不完全な文章になるような掛詞を表すこともある。
  • 下線(__ ) 。特定の単語を強調したいときに使用します。
  • 角括弧 [] 。インタビュイーが言わなかった言葉を書き足したり、特定の略語を説明したり、他言語の言葉を英語に訳したりするために使用します。
  • スラッシュ(//)。 参加者とインタビュアーが同時に話をしたことを示すために使用されます。
  • 引用符(” “)。 誰かが言ったことを示すために使用します。
  • 括弧(…)で 囲む。非言語的な音や出来事は、(笑い)、(泣き)、(ドアのノック)のように、 括弧(…)と イタリック体で記録されるべきである。
  • クエスチョンマーク(?) 。発話が意味不明な場合に使用します。

インタビューテープ起こしの ガイドラインで 避けるべきことは?

  • インタビューの内容に特に関係のない限り、”um”, “ah”, “you know “などのフィラーワードや間投詞を含めないこと。
  • インタビューの内容に関連しない限り、非言語的な音やノイズを書き起こしには含めないでください。
  • インタビュー対象者が明確に述べている場合を除き、自分のコメントや考えを書き起こしに含めないこと。
  • 明瞭性または一貫性のために必要な場合を除き、転写の際に単語や情報を省略したりしないこと。
  • 読者が明確に定義し理解できる場合を除き、略語や頭字語は使用しないこと
  • インタビュー対象者が考えているが声に出していない単語やフレーズの周りに引用符を使用しない
  • 明確さや一貫性のために必要な場合を除き、インタビュー対象者の発言の言葉や言い回しを変えないこと。
  • インタビューの状況やインタビュー対象者の外見など、余計な情報を書き写さない。
  • すべての文章は大文字で始まり、正しい句読点が必要ですので、小文字で文章を始めないでください。

インタビュー原稿の書き起こしで避けるべきこととは?

  • フォルススタート フォルススタートとは、始めたが完成しない思考のことです。 フォルススタートは、一般的に成績表から削除されるべきです。
  • 聞き取れない箇所、解読できない 箇所。まず、音声ファイルを何度か聞いて、単語を聞き取ってみてください。 それでも聞き取れない場合は、「聞き取れない」を括弧で囲み、黄色でハイライトし、タイムスタンプを括弧で囲んでください。
  • 非言語的コミュニケーション 笑い、ジェスチャーなどの非言語的な音を示すには、括弧とイタリック体のテキストを使用します。

よくある質問

採用希望者(面接官)と求職者(面接者)の間で行われる話し合いや会話が面接である。

書体はTimes New Roman、12ポイント、レギュラーカーニングを使用すること。 ハイフネーションや寡婦・孤児の制御、インデントもありません。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する