文字起こしと翻訳の違いは何ですか?

マイクと地球儀のアイコンを使用した文字起こしサービスと翻訳サービスの違い。
文字起こしと翻訳の主な違いについては、詳細なガイドをご覧ください。

Transkriptor 2024-01-17

間違えられたり混同されがちなのは、文字起こしと翻訳の2つの言葉です。これは、単語自体のスペルが似ており、音声構造が似ているため、理解できます。それだけでなく、どちらのプロセスも同じ包括的な主題である言語を扱っています。

しかし、文字起こしと翻訳の議論に終止符を打ち、それぞれのプロセスとは何か、どのように機能するのか、そして実際のアプリケーションについて明確に説明したいと思います。

テキストの文字起こし:話し言葉を文章に変換する

文字起こしは、一般的にはあまり知られておらず、翻訳と混同されることが多いプロセスであるため、まずは文字起こしから始めましょう。

定義と説明

文字起こしとは、話し言葉を物理的またはデジタル的に書かれたテキストに変換するプロセスです。目的は、プロセスに関与する人が話した言葉を明示的に記載した書面またはタイプされた文書を作成することです。これは、その後の参照、記録、分析、アクセシビリティに使用できます。

例を見てみましょう。会社は、上司と従業員の間で懲戒会議を開催します。ここでは、会議中に行われたすべての会話と質問を含む文字起こしが書かれ、誰がどの言葉を言ったかのメモが含まれます。

その後、文字起こしを証拠として使用し、懲戒処分が下されたときに参照できるように会議のデジタル記録を保持することができます。

文字起こしには、逐語的と非逐語的の2種類があります。逐語的な文字起こしは一語一語で、音声と話し言葉のすべてが含まれます。非逐語的な文字起こしは骨抜きにされ、読みやすく、重要な情報のみを含むことを意図しています。

アプリケーションとユースケース

トランスクリプションは、ビジネス、教育、医療業界で研究、研究、記録管理のために長年使用されており、一般的なユースケースには次のようなものがあります。

  • アクセシビリティのためのビデオトランスクリプション。
  • ビジネスミーティングやビデオ会議の文字起こし。
  • 法的手続きの転写。
  • 勉強会や講義の書き起こし。
  • 患者との相談の文字起こし。
  • 聴覚障害者のためのアクセシビリティ。
  • アクセシビリティの規制とガイドラインを遵守するため

テキスト文字起こしのテクニックとツール

文字起こしは手動および自動で行うことができます。手作業による文字起こしは、人が映像を物理的に見たり、会議に出席したりして、 キーボードで 音声をテキストに変換する 必要があるため、特に時間がかかります。

対照的に、自動文字起こしソフトウェアは、高度な AI アルゴリズムを使用して音声を検出し、個々の話者を認識し、音声をわずかな時間でテキストに変換するため、はるかに迅速かつ効率的です。

さまざまな言語の中で「翻訳」を強調する虫眼鏡は、言語変換を象徴しています。
正確な文字起こしと翻訳で言語の壁を埋め、グローバルな理解を実現します。

テキスト翻訳: ある言語から別の言語へのテキストまたは音声のレンダリング

文字起こしを明確に理解することで、翻訳の違いを理解し、誤解に終止符を打つことができます。

定義と説明

翻訳とは、ある言語で書かれたり話されたりしたテキストを別の言語に変換するプロセスです。ここでの目的は単純で、ドキュメント、テキスト、またはオーディオクリップを多言語で、たとえば英語を話せない人にとって読みやすいものにする必要があります。

一般的な例は、ウェブサイトの翻訳です。おそらく、ある企業が英語のテキストを含むウェブサイトを持っているのは、その市場が主に英語を話すためです。ただし、海外市場に進出する場合は、英語のテキストをスペイン語やドイツ語などの別の言語に翻訳する必要があります。

翻訳はアクセシビリティを向上させ、聴衆が話したり読んだりできる言語に関係なく、コンテンツが読みやすくなります。翻訳には、主に「書き言葉」と「話し言葉」の2種類があります。

アプリケーションとユースケース

翻訳には非常に多くの用途があり、ビジネスのグローバルな性質により、ここ数十年でさらに重要性が高まっています。翻訳アプリケーションの例としては、次のようなものがあります。

  • ウェブサイトの翻訳。
  • ニュース記事の翻訳。
  • 書籍の翻訳。
  • YouTube ビデオ翻訳。
  • マーケティング資料の翻訳。

テキスト翻訳のテクニックとツール

テキスト翻訳は、人間の入力でその場で行うことができます。たとえば、英語を話せない人が隣に立っていると、質問や会話を母国語に翻訳してくれる翻訳者がいます。

文字起こしと同様に、プロセスも自動化でき、ドキュメントを追加したり、テキストのブロックを貼り付けたりしたときに自動的に翻訳するさまざまなツールがあります。 Google 翻訳は簡単な例です。

音声とテキストの要素を含む文字起こしおよび翻訳ソフトウェアを使用する人物のテクニカルイラスト。
文字起こしか翻訳か?多様なニーズに合わせて音声をテキストに簡単に変換できるツールをご紹介します。

トランスクリプションと翻訳 - 違いを知り、正しく使う

文字起こしと翻訳の議論をまとめてみましょう。文字起こしとは、話し言葉を文章に変換するプロセスです。このプロセスには、法的ヒアリングの文字起こし、ビデオコンテンツの文字起こしの提供、会議、インタビュー、相談などの書面による記録の作成など、多くの用途があります。

対照的に、翻訳はテキストをある言語から別の言語に変換するプロセスです。たとえば、英語で書かれたコンテンツを含む Web サイトがあり、アジアの視聴者向けに中国語に翻訳されたバージョンを作成したいとします。翻訳により、アクセシビリティが向上し、複数のユーザーがコンテンツを理解できるようになります。

よくある質問

文字起こしと翻訳は、それぞれ音声コンテンツをテキストに変換し、コンテンツを言語間で適応させることで、アクセシビリティを向上させます。これにより、聴覚障害者や難聴者、さまざまな言語を話す人が情報にアクセスできるようになります。

文字起こしの主な種類は、自動文字起こしと手動文字起こしです。自動文字起こしでは、ソフトウェアを使用して音声をテキストに変換しますが、手動文字起こしでは、人が音声を聞いてコンテンツを入力します。

自動文字起こしソフトウェアは、高度な音声認識技術を使用して音声ファイルを分析し、話し言葉をテキストに変換します。音声パターンを識別し、対話を処理し、対応するテキスト ドキュメントを生成します。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する