PowerPointでオーディオをテキストに変換する方法

プレゼンテーションスライドでPowerPointでオーディオをテキストに変換する方法を示しました。
PowerPointで音声をテキストに簡単に変換し、プレゼンテーションを強化します。

Transkriptor 2024-01-17

Microsoft PowerPoint は、依然として最高のプレゼンテーション作成アプリケーションの1つであり、ビジネスや教育で広く使用されています。このソフトウェアを使用すると、オーディオクリップやビデオなどのマルチメディアスニペットを含む複雑なプレゼンテーションを作成できます。

しかし、見落とされがちな PowerPoint の側面は、これらのマルチメディアクリップを再利用し、よりユーザーフレンドリーな方法でオーディオにアクセスできることです。これは文字起こしと音声変換が有益なところであり、このガイドでは、音声を PowerPointでテキストに変換する方法を見ていきます。

PowerPointロゴを表示するキーボード上のタブレット、音声からテキストへの変換の準備ができています。
PowerPointプレゼンテーションで音声をテキストにシームレスに変換します。

PowerPointのオーディオ機能を理解する

オーディオからテキストへのオンライン ツールと PowerPoint オーディオの変換方法を見る前に、プログラムでオーディオがどのように使用されるかを理解する必要があります。

  • 音声付きの埋め込み動画。
  • 埋め込まれたオーディオファイル。
  • プレゼンターが生成した音声。


まず、ビデオファイルを PowerPoint スライドに埋め込んで、インタラクティブなマルチメディアコンテンツを提供できます。これらのビデオには通常、音声が付随しています。たとえば、ビジネス プレゼンテーションには、製品のデモンストレーション ビデオが含まれる場合があります。

次に、 MP3 ファイルなどのスタンドアロンのオーディオファイルを PowerPoint スライドに埋め込むこともできます。これらは、自然のプレゼンテーションにおける鳥のさえずりの例や、戦争の退役軍人から記録された歴史的な説明のようなものかもしれません。

最後に、プレゼンテーション自体から生成された音声があり、プレゼンターの発言や聴衆とのやり取りを含めることができます。

これらは、 PowerPoint プレゼンテーションに含めることができる3つの潜在的なオーディオ要素であり、プロセスがまったく異なるため、どれをテキストに変換するかを考える必要があります。

音声 PowerPoint 書き起こすさまざまな方法

PowerPointプレゼンテーションのどの要素を書き起こすかを決定したら、以下で説明する音声を変換する方法がいくつかあります。

方法 1 - ライブ プレゼンテーションを記録する

講義やビジネスミーティングなどのライブ PowerPoint プレゼンテーションを視聴している場合、最も簡単な方法は、プレゼンテーションを録画し、結果のファイルを音声からテキストへの文字起こしサービスにアップロードすることです。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. オーディオレコーダーを使用してプレゼンテーションを録音します。
  2. 結果のオーディオファイルを共有可能な場所に配置します。
  3. 音声ファイルをオンライン文字起こしサービスにアップロードします。
  4. 結果のテキストファイルを保存します。

これは単純な方法ですが、いくつかの注意点により適合性が制限される可能性があります。まず、プレゼンテーションを録音する許可が必要です。

第二に、 PowerPoint プレゼンテーションのスピーカーまたは出力デバイスへの近さによっては、オーディオ品質が低下する可能性があります。干渉や騒音公害が発生する可能性もあります。これらの要因は、転写の質を低下させる可能性があります。

これらの注意点を制御できれば、聴衆とのやり取りやプレゼンターからのインプットなど、 PowerPoint プレゼンテーションから詳細な文字起こしを簡単に得ることができ、貴重なものになる可能性があります。

オーディオからテキストへの変換のための「ディクテーション」機能を強調するPowerPointインターフェイス。
PowerPointのディクテーションツールを使用してオーディオをテキストに変換することで、ワークフローを簡素化します。

方法2- PowerPointの音声テキスト変換ディクテーションツールを使用する

Microsoft PowerPoint には音声テキスト変換ディクテーションツールがありますが、これはトランスクリプトを作成するためではなく、創造的な方法で使用されます。

このツールは、 PowerPointで使用したいアイデアが頭にある場合に最適です。基本的に、 PowerPoint スライドに何を含めるかを指示すると、ツールが自動的にそれを書き込みます。

  1. 新しい PowerPoint プレゼンテーションを開きます。
  2. [ホーム]をクリックして>ディクテーションします。
  3. ボタンが応答して録音を開始するのを待ちます。
  4. テキストを表示するスライドをクリックします。
  5. さっそくお話ししましょう!

このディクテーションサービスはうまく機能しますが、たとえば「疑問符」と言って句読点を口頭で挿入する必要があり、面倒な場合があります。

PowerPoint でテキストを編集し、プレゼンテーションのアクセシビリティを強化します。
PowerPoint機能は、より明確なコミュニケーションのためにテキストを音声に変換する合理化します。

方法 3 - サードパーティの文字起こしサービスを使用する

元のPowerPointファイルにアクセスできる場合は、サードパーティの文字起こしサービスを使用できますが、これは最も迅速な方法であり、最良の結果が得られます。文字起こしサービスの中には、PowerPointファイル全体をアップロードできるものもありますが、ほとんどの場合、 プレゼンテーションに 埋め込まれたオーディオファイル のみをアップロードする必要があります。

  1. PowerPointプレゼンテーションを開きます。
  2. オーディオファイルが埋め込まれたスライドに移動します。
  3. 埋め込まれたオーディオまたはビデオファイルを右クリックします。
  4. ポップアップボックスで、「メディアに名前を付けて保存」をクリックします。
  5. 保存場所とファイル名を選択します。
  6. 「保存」をクリックします。
  7. プレゼンテーション内のすべてのオーディオ/ビデオファイルに対してこれを繰り返します。

この簡単なプロセスにより、オンラインの音声からテキストへの文字起こしサービスにアップロードできるオーディオまたはビデオファイルが提供されます。そこから、プレゼンテーションの音声が変換され、文字起こしされたテキストドキュメントが取得されます。

これは最も簡単なプロセスであり、唯一の欠点は、 PowerPoint プレゼンテーションに複数のスライドとオーディオファイルがあり、それぞれを個別に保存する必要がある場合です。

音声文字起こしで PowerPoint プレゼンテーションを最大限に活用

PowerPointで音声をテキストに変換する方法は難しいものですが、ご覧のとおり、この機能を使用すると、将来の使用のためにプレゼンテーションから重要な音声情報を簡単に抽出できます。これにより、柔軟性が向上し、発言内容を書き留めるためにプレゼンテーションの音声を何度も再生して時間を無駄にする必要がなくなります。

よくある質問

PowerPoint で音声をテキストに変換すると、プレゼンテーションから重要な情報を簡単に抽出できるため、使いやすさが向上し、音声コンテンツを繰り返し再生する必要がなくなります。

PowerPoint でオーディオをテキストに変換する最も迅速で効率的な方法は、サードパーティの文字起こしサービスを使用することです。この方法では、PowerPointプレゼンテーションから埋め込まれたオーディオファイルを保存し、それらをオンラインのオーディオからテキストへの文字起こしサービスにアップロードします。正確な結果が得られ、手作業による文字起こしの時間のかかる作業を省くことができます。

PowerPoint プレゼンテーションから文字起こしされたテキストを保存する形式は、多くの場合、使用する文字起こしサービスまたはソフトウェアによって異なります。ほとんどの文字起こしサービスは、プレーンテキスト(TXT)、Microsoft Word(DOCx)、PDFなどの一般的に使用される形式で文字起こしされたテキストを提供します.通常、文字起こししたテキストをワードプロセッサやプレゼンテーションソフトウェアなどの他のアプリケーションにエクスポートして、さらに編集したり、PowerPointプレゼンテーションに統合したりできます。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する