MuseScoreで音声をトランスクライブする方法

テープ起こし用のマイク、コンピューター、キーボードを備えた机のセットアップ
Musescoreで作成したトランスクリプションを使って、より良いノートを作成しましょう。

Transkriptor 2023-02-03

無料で楽譜の作成、再生、印刷ができます。 オープンソースで、クロスプラットフォームで、多言語に対応しています。 MuseScoreでオーディオを書き写す方法はこちら!

MuseScoreとは?

MuseScore は、楽譜の作成、編集、共有が可能な、無償および オープンソースの 楽譜作成ソフトウェアです。 楽譜を作成・編集するためのさまざまな機能を備えています。

一般的な音楽記号や楽譜のサポート、豊富なテンプレート とレイアウト、様々なファイルフォーマットへのエクスポート機能などを備えています。

MuseScore には、シンセサイザーも内蔵されており、様々なサウンドフォントを使用して音楽を再生することができます。 Windows、macOS、Linuxの各プラットフォームで利用可能です。

このソフトの加入者は、主に のソングライターです。 初心者の方のイヤートレーニングや音楽理論に慣れるために便利なソフトです。

楽譜とは?

きふほうかきとり

楽譜とは、音楽を文字で表現したものです。 通常、五線譜(5本の線と4つのスペースで異なる音程を表す)に書かれた音楽 表記 と歌詞(楽曲に歌詞がある場合)で構成されています。

MuseScoreのほか、Sibelius、Finale、Dorico、Audacity、AnthemScoreでも楽譜を作成することができます。 さらに、MuseScoreなどのソフトを使って、   、MP3やWAVファイルを楽譜に変換することも可能です。

MuseScoreはどのようなファイル形式に対応していますか?

MuseScore は、楽譜のインポートとエクスポートにさまざまなファイル 形式 をサポートしています。

インポートする場合、MuseScore は以下の形式のファイルを開きます。

    • MuseScore(.mscz、.mscx)

    • MusicXML (.xml、.musicxml)

    • MIDI (.mid、.midi)

    • Capella (.cap)

    • Band-in-a-Box (.bb)

    • GPX (Guitar Pro 6)

エクスポートの場合、MuseScore は以下のフォーマットでファイルをエクスポートします。

    • MuseScore(.mscz、.mscx)

    • MusicXML (.xml、.musicxml)

    • MIDI (.mid、.midi)

    • WAVおよびMP3オーディオファイル

    • PDFおよびPNG画像ファイル

    • Lilypond (.ly)

MuseScoreの使い方は?

ここでは、楽譜の作成と編集に必要なすべてが揃ったMuseScoreの使い方を、ステップ・バイ・ステップで 。

  • をダウンロードし、MuseScore をコンピュータにインストールします。
  • プログラムを開き、「新規スコア」ボタンをクリックするか、「ファイル> 新規作成」で新しいスコアを作成します。
  • ピアノスコアや特定の楽器用のスコアなど、作成したい楽譜の種類を選択します。 また、最初にテンプレートを選択することも可能です。
  • 楽譜を開いたら、パソコンのキーボードを使うか、画面左側の仮想ピアノキーボード上でマウスを使って音符をクリックすることで、 入力が開始されます。
  • ノート入力 “ツールバーの ツール を使って、ステップタイムやリアルタイム入力など、さまざまな方法でノートを入力することができます。
  • 「パレット」と「インスペクタ」ウィンドウを使って、スラー、ダイナミクス、アーティキュレーションなどの記号や楽譜を追加します。
  • レイアウト」と「フォーマット」メニューで、   五線の大きさや音符の位置など、楽譜の外観を調整することができます。
  • 記号」メニューで、コード図やギター指板のような特殊な の記号を追加することができます。
  • Play “メニューで、 replay 楽譜を再生して、その音を聞くことができます。 また、「ミキサー」を使って、異なるパートの音量やバランスを調整することができます。
  • 編集が終わったら、「ファイル> 保存」または「ファイル> 名前を付けて保存」で を保存したり、PDF、MIDIファイル、MusicXMLファイルなど、さまざまなファイル形式で書き出すことができます。
  • 編集が終わると、MuseScoreで自動的に再生が始まります。 詳しい情報はMuseScoreのチュートリアルページやMusician Startupのビデオをご覧ください。

MuseScoreで音声をトランスクライブするには?

MuseScoreは直接変換しません。 オーディオからテキストへ 、しかし音楽のトランスクリプションを実現します。 録音された音楽を書き写すのに使われるが、テキスト形式を与えることはできない。

  • MuseScoreを開く。
  • アップロード 音声ファイルをアップロードします。
  • 、書き写したい曲を選びます。
  • まず、録音したオーディオのスペクトログラム を作成し、後で楽譜に変換することができます。
  • Change 曲中の任意の小節の拍子記号、調号、テンポを変更します。

MuseScore 3では Octaveを 変更し、上下にトランスポーズすることが可能です。

楽譜の作成が完了したら、PDF、MIDI、MusicXMLファイル、オーディオファイルとして エクスポート し、共有したり印刷したりすることができます。

よくある質問

MuseScoreは無料ですか?

MuseScoreソフトウェアは、今後も無償で無制限にご利用いただけます。 ただし、MuseScoreに関連するアプリやウェブサイトも無料ですが、一定の制限があります。 追加機能にアクセスしたい場合は、PROアカウントにアップグレードする必要があります。

MuseScoreでPDFを書き出すことはできますか?

MuseScoreでは、MusicXML、MIDI、PDFなど、MuseScore 以外の ファイルを作成することができます。 エクスポートダイアログでは、エクスポートする形式を選択することができます。

MuseScoreのノートに緑色と赤色のものがあるのはなぜですか?

プロ奏者の 音域 外であれば、MuseScoreは赤色に着色し、初期アマチュアの音域外であれば、濃い黄色/オリーブグリーンに着色します。

MuseScoreで楽譜を書き写すのと同じように、 Transkriptorで 他のすべてのオーディオファイルを書き写し、テキストにすることができます!


ここで試してみてください

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する