iPhoneでボイスメモを書き写す方法は?

音声をテキストに書き起こすためのボイスメモアプリのインターフェイスを示すiPhone画面。
iPhoneでボイスメモをシームレスに書き起こす、シンプルなステップバイステップガイド。

Transkriptor 2024-01-17

iPhoneは非常に多くの用途を持つ素晴らしいデバイスであり、最近ではほとんどの人が電話として使用することはめったにありません。代わりに、インターネットの閲覧、ソーシャルメディアのスクロール、ゲームに使用しています。

しかし、犯罪的に十分に活用されていない機能の1つは、 iPhone をボイスレコーダーとして使用し、ボイスメモを書き写す機能です。

これは、勉強、会議中のメモ取り、面接などに非常に役立ちます。これがあなたが恩恵を受けることができるものであるならば、私は以下に iPhone デバイスでボイスメモを書き写す方法を説明します。

録音を簡単に書き起こすためのボイスメモアプリを表示するiPhone。
iPhoneのボイスメモを簡単にテキストドキュメントに書き起こします。

iPhoneの ボイスメモ とは何ですか ?

ボイスメモアプリは iPhoneにプリインストールされており、ユーティリティフォルダにあります。それは本質的にあなたの iPhone をオーディオレコーダーに変えるので、専用のデバイスを購入する代わりに、あなたは単にあなたの電話を使うことができます。

単なるオーディオレコーダーではなく、基本的な編集ツールも用意されているため、オーディオファイルをトリミングして重要でない部分を切り取ることができます。

iPhone 音声トランスクリプション方法

ボイスメモアプリの欠点は、音声文字起こしツールが組み込まれていないことです。したがって、 iPhone ボイスメモを書き写したい場合は、工夫を凝らすか、サードパーティの文字起こしサービスを使用する必要があります。

Googleドキュメントの音声入力機能を使用して、iPhoneでボイスメモを書き起こします。
iPhone のボイスメモを Google ドキュメントで直接簡単に文字起こしできます。

Google Docs の音声入力を使用する

マイクやウェブカメラを備えたデスクトップパソコンやノートパソコンをお持ちの場合は、 Google ドキュメントの音声入力機能を使って工夫を凝らすことができます。これは、オーディオファイルの再生中に空白の Google ドキュメントにテキストを自動的に入力するツールです。これを行うには、次の手順を実行する必要があります。

  1. iPhoneで関連するボイスメモを開きます。
  2. パソコンまたはノートパソコンで空白の Google ドキュメントを開きます。
  3. Googleドキュメントの[ツール]>[音声入力]をクリックします。
  4. マイクアイコンをクリックします。
  5. iPhoneスピーカーをコンピューターのマイクの横にかざし、ボイスメモを再生します。

メモが再生されると、 Google Docs は音声文字起こしを自動的に入力します。ただし、高品質の文字起こしサービスと比較した場合の主な欠点は、音声入力ツールの制限です。

異なる人を区別することはできず、聞いたテキストを入力するだけです。つまり、通常、後でドキュメントを編集し、スピーカーなどを追加する必要があるため、時間のかかるプロセスになります。

サードパーティのアプリまたは文字起こしサービスの使用

iPhoneでボイスメモを書き写す方法を検討する場合、最善の解決策は、サードパーティのアプリまたは文字起こしサービスを使用することです。これにより、手作業がなくなり、さまざまな話者やコンテキストで完全な正確な文字起こしを確実に得ることができます。

これらのサービスやアプリは 、高度な音声認識ソフトウェアを使用して 、音声ファイルをテキスト( iPhoneボイスメモなど)に書き起こします。このソフトウェアは、複数の音声を検出し、強いアクセントなどを理解できます。

iPhoneボイスメモを開いて共有ボタンを押すだけです。次に、iPhoneにインストールされている文字起こしアプリとファイルを直接共有するか(機能が利用可能な場合は、共有オプションに表示されます)、電子メールで送信してオンライン文字起こしサービスにアップロードできます。

ラップトップを手元に置いてiPhoneでボイスメモを書き写す女性。
iPhoneでボイスメモを書き写して、高速で正確なテキスト変換を行います。

iPhoneで音声メモを取る場合の考慮事項

ボイスメモアプリは特に便利で、音声の文字起こしに最適なコンポーネントですが、覚えておく必要のあることがいくつかあります。

コントロールの理解

録音に飛び込む前に、時間をかけてコントロールを学ぶことをお勧めします。録音を開始する方法、音量などの設定を調整する方法、オーディオクリップの巻き戻しやスキップを含む録音を再生する方法を理解します。

ボイスメモの共有

次に、録音したボイスメモを共有する方法を学びます。これには、オーディオファイルのデフォルトの保存場所と使用可能な共有オプションの学習が含まれます。

録音品質

iPhoneが生成できるオーディオ録音の品質を考慮する必要があります。14のようなiPhoneの新しいモデルは マイク の品質 を向上させていますが、一般的にデスクトップマイクやヘッドセットなどとは比較になりません。

ヘッドセットやマイクなどの外部デバイスを接続できますが、iPhoneでは、多くの新しいモデルには3.5mmオーディオジャックがなく、多くのオーディオデバイスがサポートしていないLightningポートしか使用できないため、これは注意が必要です。

データプライバシーの基本

他の人が関与するあらゆる種類の音声を録音する場合は、データプライバシー法を遵守し、倫理的かつ責任を持って行動する必要があります。相手は自分が録音されていることを知っていて、合法的にそれを行うことができますか?

iPhoneは効果的なオーディオレコーダーの代替品として機能します

ポータブルオーディオ録音デバイスに投資したくない場合は、 iPhone が素晴らしい代替手段として機能します。内蔵マイクはまともですが、外部マイクやヘッドセットを簡単に利用して優れたオーディオ品質を得ることができます。

その後、ボイスメモアプリを使用して音声を録音し、音声からテキストへの文字起こしサービスを使用して文字起こしできます。

よくある質問

iPhoneボイスメモの録音品質は、特に新しいモデルでは一般的に良好です。ただし、バックグラウンドノイズなどの環境要因の影響を受ける可能性があります。最適な結果を得るには、録音は静かな環境で行う必要があり、外部マイクの使用を検討すると品質が向上します。

はい、iPhoneボイスメモアプリでは、録音の基本的な編集が可能です。ユーザーは、ボイスメモの開始と終了をトリミングして、不要な部分を削除できます。

サードパーティの文字起こしサービスは、高度な音声認識ソフトウェアを介してオーディオファイルを処理することにより、iPhoneボイスメモを書き写します。ユーザーは、ボイスメモファイルをサービスにアップロードまたは共有して、テキストドキュメントに変換できます。

文字起こし用のボイスメモを共有するには、ボイスメモアプリを開き、メモを選択し、共有アイコンをタップして、共有方法(メール、クラウドストレージなど)を選択します。その後、文字起こしサービスに送信するか、他の方法を使用して文字起こしを行うことができます。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する