iPhoneで音声入力を利用する方法

ヘッドフォンとマイクを持ち、コンピューターに向かってファイルをテキストに書き写すフォーマルな服装の人。
iPhoneディクテーションで効率的なビジネスコミュニケーションを。

Transkriptor 2022-11-10

iPhoneのボイスディクテーションとは?

音声入力の機能により、 iPhoneは あなたが話した内容をテキストに変換してくれます。 だから、入力する必要はない。 音声を録音するだけで、テキストに変換され、すぐに新しいフォーマットを手に入れることができます。 また、飛び込みで、iPhoneをios16以上にアップデートすると、この機能が使えるようになるため。

iPhoneで音声入力機能を使うメリットとは?

iPhoneの 音声入力を 利用すれば、文字入力の代わりに音声で話しかけることができます。 キーボードが画面に表示されていれば、いつでもアクセスできるので、テキスト、メール、メモ、Facebookのメッセージなど、もう二度と入力する必要がありません。 音声で口述することで、時間を短縮することができます。 手入力は話すより時間がかかるからです。

音声操作でSiriにコマンドを発行することもお忘れなく。 また、他の機器ではインターネット接続が必要な場合がありますが、appleの機器では必要ありません。

iPhoneで音声入力をオンにする方法と、音声入力をオフにする方法

まず、ボイスディクテーションを有効にして使用する必要があります。 そのために、以下の手続きを順番に進めてください。

開始する前に、お使いのデバイスがアップデートされていることを確認してください。 まず、「設定」から「一般」を選択し、「ソフトウェア・アップデート」のオプションをタップします。 iosが 最新の状態であることが表示されるか、または最新のアップデートをダウンロードしてインストールするよう促されます。

  1. ホーム画面から「 設定」 アプリを起動します。
  2. 一般 」ボタンをクリックします。
  3. キーボード ボタンをクリックします。
  4. ディクテーションモードが表示されます。 そして、その横にある「Enable Dictation」と「On/Off」スイッチ。
  5. ディクテーションをオンにするには、「オン/オフ」ボタンをクリックします。
  6. 緑がオン、グレーがオフを意味します。 これで口述筆記ができるようになりました。

より詳細な情報については、Appleのサポートをご覧ください。

iPhoneからディクテーションアプリを使う

iPhoneでテキストを書き取る方法

iPhoneでテキストを口述するために使用することは、以下の方法で実現できますので、ステップバイステップで行ってください。

  1. テキストを挿入したい場所にタップして挿入点を置きます。
  2. 仮想キーボード上の マイク ボタンをクリックするか、マイクボタンが表示されるテキストエリア(メッセージなど)を探します。
  3. アイコンをクリックすると、スピーキングを開始できます。
  4. 下段にマイクアイコンが表示されない場合は、 ディクテーションが オンになっていることを確認してください。
  5. 設定 ]をクリックし、[ 一般 ]ボタンをクリックします。
  6. キーボード 」をタップし、「 音声入力を有効に する」をオンにして、「受け入れる」をタップします。
  7. その後、iPhoneを使用し、通話を開始します。 テキストを挿入するために話すと、iPhoneが自動的に句読点を挿入してくれます。
  8. ディクテーションは、はっきりとした発音で、一定のペースで話すと効果的です。
  9. 終わったら、口述筆記をやめてください。 マイクのアイコン(×印)をタップします。 次に、テキストを入力します。

注意: 自動句読点をオフにするには、「設定」> 「一般」> 「キーボード」から「自動句読点」をオフにしてください。

テキストを口述する際に、絵文字の名前を言って挿入することができます(例:「mind blown emoji」、「happy emoji」)。

注:ディクテーションモードは、30秒間話すのを止めると自動的にオフになります。 聞き取れなかった単語は、書き出された単語の下に青い線が表示されるので、確認することができます。 訂正する場合は、下線付きの単語をタップし、正しいスペルを選択します。 単語を置き換えるには、その単語をダブルタップし、必要な単語を選択します。

また、ディクテーションは、すべての言語、すべての国・地域で利用できるわけではなく、機能も異なる場合があります。

iPhoneで句読点を音声で入力する方法

しゃべっている最中にiPhoneが句読点を変換してしまうので、句読点に気をつける必要があります。 ただし、ずっと使えるわけではありません。 句読点を使うには、次のような手順で行います。

  1. テキストを挿入したい場所にタップして挿入点を置きます。
  2. バーチャルキーボードの右下にあるマイクのアイコンをクリックするか、任意のテキストエリアにあるマイクのアイコンを探します。
  3. アイコンをクリックすると、スピーキングを開始できます。
  4. マイクのアイコンが表示されない場合は、ディクテーションがオンになっていることを確認してください。
  5. テキストを挿入するために話すと、iPhoneが自動的に句読点を挿入してくれます。
  6. キーワードを話すと、句読点や改行が追加され、音声ディクテーションの効果を最大限に引き出すことができます。 そうすると、マークが自動的に追加されます。
  7. マイクのアイコン(×印)をタップしてください。

iPhoneで句読点を追加する方法

ここでは、よく使われる句読点コマンドを紹介します。

  • ピリオドを打つ。 文末の「.」は標準的な書き方です。
  • クエスチョンマーク: “?”の句読点。
  • 新しい段落を作成します。 新しい段落を開始します。 新しい段落を始める前に、前の文を終わらせる。
  • エクスクラメーション・ポイント。 句読点「!」。
  • コンマ。 句読点「、」。
  • コロン。 句読点「:」。
  • セミコロン。 句読点「;」。
  • 省略記号:「 …」句読点
  • 引用と非引用。 単語やフレーズを引用符で囲みます。
  • スラッシュ: “/”記号。
  • アスタリスク の記号です。
  • アンパサンド: “&”の記号で、”および “を意味する。
  • アットマーク: 電子メールアドレスに見られる「@」記号。

上の太字の言葉を言うと、すぐに文章に表示されます。

iPhoneで音声入力を使ってテキストに絵文字を追加する方法

アップルとiPhoneの新バージョンにより、口述モードとタイピングモードの切り替えがより簡単になり、絵文字の口述も可能になった。 音声入力で文章に絵文字を挿入したい場合は、以下の手順で順番に行います。

  1. メッセージをテキストメッセージにするなど、テキストを書き込むことができるアプリを開いてください。
  2. キーボードの「 音声入力/マイク」アイコンを タップして、話し始める。
  3. 絵文字の名前+”emoji “と言ってください。 例:「ネコの絵文字」「ハッピーフェイスの絵文字」など。
  4. 挿入したい絵文字の名前がわからない場合は、サイトで調べることができます。
  5. ディクテーションのアイコ ンをもう一度タップすると、ディクテーションが無効になります。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する