Yahooメールで音声をテキストに変換する方法

Yahooメールに音声でテキストを送ると、デジタル記号と音声波のグラフィックの中で最新のマイクが強調されます。
Yahooメールで音声メッセージをテキストに変換するステップバイステップガイドをご覧ください。

Transkriptor 2023-08-01

Yahooメールでは、いくつかの方法で音声をテキストに変換することができます。

Yahooメールとは?

Yahoo メールは、多国籍テクノロジー企業であるYahoo提供する人気のウェブベースの電子メールサービスである。 個人用、仕事用のメールアカウントを作成、管理することができる。 多くの人がYahoo.comを人気の検索エンジンとして知っているが、Yahooメールアプリもまた、人々が定期的に使用する人気の機能である。

Yahooメールで音声をテキストに変換する方法

ここでは、YahooMailで 音声をテキストに 変換する方法をステップバイステップで説明します:

ボイスメッセージを録音する

  • 音声録音アプリやその他のツールを使って、テキストに変換したい音声メッセージを録音します。
  • この操作は、iPhoneアンドロイド端末などのモバイル端末、コンピューター、あるいは新着メッセージやSMSが送れるあらゆる端末で行うことができる。

音声をテキストに変換

音声をテキストに変換するオプションはいくつかある:

  • 手動による書き起こし: 録音された音声メッセージを聞き、手動でテキストに書き起こします。 テキストエディタやワードプロセッサーでメッセージを入力し、話し言葉を書き言葉に変換する。
  • オンライン音声テキスト変換ツール :オンライン音声テキスト変換ツールやサービスを利用する。 これらのツールは通常、オーディオファイルをアップロードするか直接入力し、テキストに変換することができます。 そのほとんどは Google ChromeやMicrosoft Edge使用できます。
  • モバイルアプリ: お使いのモバイルデバイス(アップルまたはアンドロイド)に音声テキストアプリをインストールします。 アプリストアには、話し言葉をテキストに変換できるさまざまな音声認識アプリがある。

変換後のテキストをコピーする

  • ボイスメッセージのテキストバージョンができたら、変換されたテキストを選択し、デバイスのクリップボードにコピーします。

Yahooメールでメールを作成する

  • Yahooメールを開き、新しいメールメッセージを作成するか、既存のスレッドに返信する。

変換したテキストを貼り付ける

  • メール本文で、変換したテキストを挿入したい場所にカーソルを置き、音声からテキストへの変換処理でコピーしたテキストを貼り付けます。
  • 標準の貼り付けコマンド(WindowsCtrl+V、Mac iPadCommand+V)を使うか、右クリックして「貼り付け」を選択してテキストを挿入する。

レビューと編集

  • Yahooメールのメッセージに貼り付けられたテキストを確認し、必要な編集や調整を行い、正確さと明瞭さを確保する。

メールの送信

  • 変換されたテキストに満足したら、追加のコンテンツや受信者を追加し、Yahooメールアカウントからメールを送信します。

ディクテーションを有効にするには?

携帯電話でディクテーションを有効にするかどうかは、デバイスのオペレーティングシステム(OS)によって異なります。 iOSiPhone)とAndroidデバイスの両方でディクテーションを有効にする手順は以下の通りです:

iOSiPhone)でディクテーションを有効にする:

  1. 設定を開く: iPhoneホーム画面で「設定」アプリを探し、タップして開きます。
  2. キーボード設定に移動します: 設定メニューで下にスクロールし、”一般 “をタップし、”キーボード “を選択します。
  3. ディクテーションを有効にする: キーボード設定画面で、”Enable Dictation “スイッチをオンに切り替えます。 緑色に変わり、ディクテーションが有効になっていることを示します。
  4. 許可を確認します: ディクテーションの許可を求めるポップアップメッセージが表示されます。 ディクテーションを有効にする」をタップし、選択を確定します。
  5. ディクテーションの使用開始 ディクテーションを使用するには、テキストを入力できるアプリやテキストフィールド(メッセージアプリ、Eメール、ブラウザなど)を開きます。 キーボードが表示されると、キーボード上に小さなマイクのアイコンが表示されます。 マイクのアイコンをタップしてディクテーションを起動し、話し始めます。 あなたの話し言葉はテキストに変換されます。
  6. Androidデバイスでディクテーションを有効にする:
  1. 設定」を開きます: Androidデバイスのホーム画面またはアプリドロワーで「設定」アプリを探し、タップして開きます。
  2. 言語と入力設定にアクセスします: 設定」メニューで、「システム」または「システムとアップデート」(または類似の名前)と呼ばれるオプションを探し、それをタップします。 次に、”Language & input “または “Languages & input “を選択する。
  3. 音声入力を有効にする: 言語と入力の設定で、「バーチャルキーボード」セクションを見つけてタップします。 お使いのデバイスによっては、「オンスクリーンキーボード」などと呼ばれることもあります。 仮想キーボードのリストから、お好みのキーボードアプリを選択します(例:Gmail、Samsung Keyboard、SwiftKey)。
  4. キーボード設定で音声入力を有効にする: キーボードの設定で、音声入力またはテキスト読み上げに関連するオプションを探します。 正確な文言は、選択したキーボードアプリによって異なる場合があります。 スイッチを切り替えて音声入力を有効にする。
  5. 音声入力を使い始める 音声入力を使うには、テキストを入力できるアプリやテキストフィールドを開きます。 キーボードが表示されたら、マイクアイコンまたはキーボードのマイクキーをタップして音声入力を有効にします。

音声合成ツールをどう選ぶか?

音声読み上げツールを選択する際には、以下の点を考慮してください:

  1. 正確さ :音声からテキスト、またはテキストから音声への変換の精度は非常に重要です。 話し言葉を書き言葉に変換する精度の高いツールを探す。
  2. 言語サポート :音声読み上げツールがサポートする言語を検討する。 ツールによっては言語オプションが限られている場合がありますので、テープ起こしに使用する言語に対応しているツールであることを確認してください。
  3. セキュリティとプライバシー: ツール提供者が実施するセキュリティとプライバシー対策を評価する。 オーディオデータの取り扱い方法を理解し、適切なデータ保護対策を実施していることを確認する。
  4. コストと価格モデル: 音声読み上げツールの価格体系について考えてみましょう。 ツールによっては、月額や年額のサブスクリプション・ベース・モデルを採用しているものもあれば、従量課金や分単位課金を採用しているものもある。
  5. カスタマーサポートとドキュメント: ツールプロバイダーが提供するカスタマーサポートの有無と質をチェックする。 さらに、ツールの可能性を最大限に引き出すためのドキュメント、チュートリアル、リソースの有無も確認してください。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する