20 年の最高の音声認識ソフトウェア 2024

2024 年のトップ 20 音声認識ソフトウェア、音声処理用のコントロール ボタン付きマイクを備えています。
2024 年の最高の音声認識ソフトウェアを探索して、日常業務の効率と精度を高めましょう。

Transkriptor 2024-01-17

音声認識ソフトウェアは、音声を文章に変換します。音声認識技術は、音波を分析し、アルゴリズムを使用してテキストに変換することによって機能します。音声認識ソフトウェアは、ユーザーがテキストベースの資料を迅速かつ効率的に生成できるようにすることで、生産性、アクセシビリティ、およびハンズフリー操作を向上させます。ソフトウェアの選択は、ユーザーの要望とニーズによって異なります。

20 年の 2024 の最高の音声認識ソフトウェアを以下に示します。

  1. Transkriptor: 人工知能を利用して高速かつ正確な文字起こしを行うオンライン文字起こしツールで、インタビューやポッドキャストなどのさまざまなオーディオファイルに最適です。
  2. Siri: Siri は Appleによって開発された仮想アシスタントです。
  3. Otter: Otter.AI は、クラウドベースの音声テキスト変換ソフトウェアです。
  4. Cortana: CortanaはMicrosoftによるデジタルアシスタントです。
  5. Rev: Rev.AI は、音声認識ソフトウェア用の音声テキスト変換 API を提供しています。
  6. Gboard: Gboard は、 Googleの音声認識技術を統合して音声タイピングを行います。
  7. Google Now: Google Nowは、ユーザーの習慣に基づいて情報を提供する音声起動アシスタントです。
  8. Winscribe: Winscribeディクテーションは、プロの音声認識およびディクテーションソフトウェアです。
  9. Amazon Lex: Amazon Lexは、チャットボットや音声アプリを作成するAIサービスです。
  10. Google Docs 音声入力: Google Docs 音声入力 は、ドキュメントを音声入力するための Google Docs の機能です。
  11. Speechnotes: Speechnotes は、音声文字起こしを行う音声対応のオンラインNotePadです。
  12. Dragon Anywhere: Dragon Anywhereは、プロフェッショナルなクラウドベースのディクテーションソフトウェアです。
  13. Braina: Brainaは、Windowsコンピューター用のパーソナルアシスタントおよび音声認識ソフトウェアです。
  14. Beey: Beey はオンラインディクテーションサービスです。
  15. Philips SpeechLive: Philips SpeechLiveはクラウドベースのディクテーションソフトウェアです。
  16. Windows 10 音声認識: Windows 10 音声認識は、Windows オペレーティング システムの機能です。
  17. Google Cloud Speech API: Google Cloud Speech APIを使用すると、開発者はオーディオをテキストに変換できます。
  18. Voice Finger: Voice Fingerは、ユーザーが音声でコンピューターを制御するためのソフトウェアです。
  19. Microsoft Bing Speech API: Microsoft Bing Speech API はクラウドベースの音声認識ソフトウェアです。
  20. Dragon 音声認識ソリューション: Dragon 音声認識 ソリューションは、高品質の音声認識ソフトウェアです。

オーディオおよびビデオファイルをテキストに変換するためのオプションを表示するTranskriptorダッシュボード。
音声認識技術によってオーディオおよびビデオファイルをテキストに変換するためのTranskriptorダッシュボード。

1. Transkriptor

Transkriptor は、最大99%の精度を備えた強力な AIを利用したディクテーションサービスであり、 Android および iPhone モバイルアプリ、 Google Chrome 拡張機能、およびWebページとして利用できます。 Transkriptor は、任意のリンクから文字起こしを行い、会議、インタビュー、講義などの生の音声をテキストに変換します。

顧客満足度は、50 件以上の Capterra 評価に基づいて 5 点満点中 4.5 点、100 件以上の Trustpilot 評価に基づいて 5 点満点中 4.7 点と評価されています。

Transkriptor は、あらゆる規模の企業向けの低コストの文字起こしソリューションです。それは持っています2つの価格パッケージ。月額4.99ドルのライトプランでは、5時間の文字起こしが提供されます。プレミアムプランは月額12.49ドルで、40時間の文字起こしが付属しています。

Transkriptor は広範な言語サポートを提供し、100以上の言語をサポートし、ユーザーが同時に多数の言語でテキストコンテンツを作成できるようにします。言語カバレッジは、ディクテーションソフトウェアを開発する際に考慮すべき重要な要素です。

2. Siri

Siriは、音声認識技術を用いたバーチャルアシスタントです。Apple開発されたSiri、iPhone、iPad、Mac、Apple WatchなどのAppleデバイスで利用できます。ユーザーは、アクションを実行するSiriに音声コマンドを与えます。

ユーザーは、通話を開始したり、メッセージを送信したり、リマインダーを設定したりするための音声コマンドを Siriします。 Siri はユーザーのコマンドから時間内に学習し、簡単にパーソナライズできます。 Siri はさまざまな言語をサポートしています。これらの言語には、アラビア語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語が含まれます。

Siriの長所は、ユーザーフレンドリーで便利であること、Appleデバイスとの統合、および定期的な更新です。Siriは使いやすいです。Appleデバイスに「Hey Siri」と話しかけて、Siriの使用を開始します。

Siriの短所は、Appleデバイスの使用が制限されていることと、時折誤解があることです。ユーザーは、Appleデバイスで追加コストなしでSiriをアクティブ化できます。

Siriの主な目的は、他の音声認識ソフトウェアとは異なり、デバイス制御を提供することです。ユーザーからのフィードバックによると、 Siri は Apple デバイスと互換性があるため、使いやすいとのことです。一部のユーザーは、騒がしい環境での音声認識が苦手であると指摘しています。

3. Otter

Otter.AI は、クラウドベースの音声テキスト変換ソフトウェアです。 Otter.AI の主な機能は、ライブ文字起こし、話者識別、検索機能、コラボレーションです。 Otter は異なる話者を認識し、各話者を示します。ユーザーは、トランスクリプト内の特定の単語を検索して見つけます。

Otterの長所は、高精度と使いやすさです。Otterは高い精度を提供します。複雑な用語でも正しく書き起こします。Otterの短所は、オフライン機能が制限され、インターネット接続に依存していることです。

Otter.AI は、月額分数が制限された無料プランを提供します。さまざまな有料プランがあります。有料プランでは、より多くの時間と追加機能が提供されます。 Otter は、個々の音声のみを書き写す他のソフトウェアとは異なり、複数の話者による音声で文字起こしを作成します。

ユーザーは Otter.AIに肯定的な評価を与えます。彼らはその高い精度と利便性を高く評価しています。ユーザーは、 Otterのユーザーフレンドリーなインターフェースを強調しています。一部のユーザーは、騒がしい環境では時折不正確さがあると述べています。

4. Cortana

Cortana は、 Microsoftによるデジタルアシスタントです。 Cortana 音声認識を利用して、タスクを実行し、リマインダーを設定し、パーソナライズされた支援を提供します。 Cortana の主な機能は、音声コマンド、統合、およびパーソナライズされたエクスペリエンスです。

Cortanaの長所は、Windows統合、自然言語の理解、および無料の使用です。Cortana自然言語を効果的に理解します。Cortana は、追加費用なしで Windows 10 に組み込まれています。

Cortanaの短所は、プラットフォームの使用が制限されていることとプライバシーの懸念です。Cortanaの Microsoft 外部への統合は限られています。ユーザーは、データ収集についてプライバシーに関する懸念を抱いています。

Cortana は、他の音声認識ソフトウェアとは異なり、主にデジタルアシスタントです。ユーザーは、文字起こし機能を使用するだけでなく、 Cortana を使用してさまざまなタスクを実行します。 Cortana の評価は、 Windows 10では便利ですが、他のオペレーティングシステムではあまり役に立たないため、変化します。ユーザーは、 Windows エコシステム内での利便性を示しています。

5. Rev

Rev は、音声と動画の文字起こしを手掛ける会社です。 Rev.AI は、音声認識ソフトウェア用の音声テキスト変換 API を提供します。 Rev.AI の主な機能は、自動文字起こし、多言語サポート、タイムスタンプ、話者表示です。 Rev.AI はさまざまな言語と方言をサポートしています。

Rev.AIの長所は、高い精度、統合の容易さ、およびスケーラビリティです。Rev.AI非常に正確な文字起こしを提供します。簡単な統合機能で開発者に優しいです。Rev.AIは大量の文字起こしに適しています。

Rev.AIの短所は、オーディオ品質に依存していることと、インターネットなしでは機能が制限されていることです。音質は文字起こしの精度に大きく影響します。Rev.AIはクラウドベースのサービスであるため、インターネット接続が必要です。

Rev.AI は、文字起こし時間が限られている無料プランを提供しています。 Rev.AI は文字起こしの分数によって有料プランが異なります。 Rev.AI の評価は、その精度レベルと使いやすさを際立たせています。肯定的なレビューでは、文字起こしの速度が速いとされています。

音声検索オプション付きのGoogle検索バーを表示するSamsungスマートフォンを持つ手。
Googleの音声検索機能を利用して、音声認識の実用性を実証します。

6. Gboard

Gboard は、 Googleによる仮想キーボードアプリです。 Android および iOS デバイスで利用できます。 Gboard は、 Googleの音声認識技術を統合して、音声入力を容易にします。 Gboard の主な機能は、音声入力、グライドタイピング、絵文字と GIF 検索、および Google 翻訳との統合です。

Gboardの長所は、汎用性とGoogleサービスとの統合です。Gboardは、音声入力や音声グライドなどの入力方法に汎用性があります。Gboardの短所は、パフォーマンスとインターネット要件が限られていることです。音声入力におけるGboardのパフォーマンスは、デバイスの機能によって異なります。

Gboard はフリーソフトウェアです。 Gboard の評価は、 Google Play Store と App Storeの両方で高いです。ユーザーは、そのユーザーフレンドリーなデザインと音声入力の利便性を高く評価しています。 Gboard には時折不具合やラグがあります。

7. Google Now

Google Now は、ユーザーの習慣に基づいて情報を提供する音声起動アシスタントです。 Google Now の主な機能は、プロアクティブな情報カードと音声コマンドです。 Google Now は、ユーザーの習慣に基づいて情報カードを表示します。 Google Now は、さまざまなタスクを実行するための音声コマンドをサポートしています。

Google Nowの長所は、使いやすさとカスタマイズのしやすさです。Google Nowは簡単な音声コマンドが得意で、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えています。Google Now、ユーザーの操作と習慣に基づいて情報を調整します。

Google Nowの短所は、オフライン機能が制限され、音声コマンドが制限されていることです。Google Nowのほとんどの機能はインターネット接続に依存しています。

Google Now は無料のサービスです。 Google Play Store と App Storeの両方で利用できます。評価とフィードバックは、音声認識技術への革新的なアプローチを称賛しています。

8. Winscribe

Winscribe Dictationは、プロの音声認識およびディクテーションソフトウェアです。ヘルスケア、法律、保険業界では、 Winscribeが非常に好まれています。 Winscribe の主な機能は、モバイルサポートと音声認識品質です。 Winscribe はスマートフォンに対応しています。

Winscribeの長所は、柔軟性とカスタマイズです。Winscribeにより、ユーザーはリモートでディクテーションを行うことができます。ユーザーは、さまざまな業界の特定の用語に合うようにWinscribeをカスタマイズします。Winscribeの短所は、他のディクテーションサービスと比較して、コストと使いにくいことです。

Winscribeの価格は、ユーザーの特定のニーズによって異なります。Winscribeは、見積もりベースの価格設定モデルを提供しています。Winscribeディクテーションの評価は、専門業界で肯定的です。ネガティブなフィードバックには、トレーニングプロセスなしでは使用できないことが含まれます。

9. Amazon Lex

Amazon Lex は、チャットボットや音声アプリを作成する AI サービスです。 Amazon Lex の主な特徴は、高品質の音声認識と自然言語理解です。対話に参加するための会話型ボットを作成するのに役立ちます。

Amazon Lexの長所は、スケーラビリティと統合です。Amazon Lexにより、ユーザーは複雑な会話システムを構築できます。Amazon Lexはさまざまなプラットフォームを統合します。Amazon Lexの短所は、使用の難しさとコストです。

Amazon Lexの価格は、ユーザーのニーズによって異なります。最初の 12 か月間は無料枠があります。有料プランは、ユーザーの要件に応じて変更されます。Amazon Lex は、他の音声認識サービスとは異なり、対話型アプリを構築するためのフレームワークを提供します。

Amazon Lexの評価は、開発者の間で一般的に肯定的です。ユーザーは、レスポンシブなチャットボットの作成におけるその有効性を強調しています。負のフィードバックは、使用の難しさを示します。

10. Googleドキュメントの音声入力

Google Docs の音声入力は、 Google Docs の機能です。学生、ライター、専門家は、ドキュメントを口述するために Google Docs Voice Typing を好みます。主な機能は、機能性とユーザーフレンドリーなインターフェースです。この機能は、 Google ドキュメントのマイクアイコンをクリックするだけで非常にアクセスしやすいです。

Google Docs Voice Typingの長所は、その使いやすさとアクセシビリティです。Google Docs のすべてのユーザーがアクセスできます。Google Docs Voice Typingの短所は、インターネット接続に依存していることと、使用が制限されていることです。安定したインターネット接続がないと機能しません。

Google Docs の音声入力は、 Google Docs の無料機能です。ユーザーは、 Google アカウントでこの機能に無料でアクセスできます。肯定的なフィードバックは、追加コストなしで日常のワークフローに統合できることを高く評価しています。ネガティブフィードバックには、他のディクテーションソフトウェアと比較した音声認識精度の制限が含まれます。

11. Speechnotes

Speechnotes は、音声対応のオンライン NotePadです。これは、ユーザーが音声をテキストに書き起こすのに役立ちます。 Speechnotes の主な特徴は、高精度と句読点コマンドです。 Speechnotes 非常に正確な文字起こしを提供します。

Speechnotesの長所は、ユーザーフレンドリーなインターフェースと効率性です。ユーザーは、ディクテーションのために追加のソフトウェアをインストールする必要はありません。Speechnotesの短所は、インターネット接続に依存していることと、方言の理解が限られていることです。Speechnotes指示するには、安定したインターネット接続が必要です。

Speechnotes 広告は無料で使用できます。有料版は追加機能を提供し、広告は含まれていません。 Speechnotes に対する評価とフィードバックは、概ね肯定的です。ユーザーは、そのシンプルさと正確さを高く評価しています。

12. Dragon Anywhere

Dragon Anywhereは、プロフェッショナルなクラウドベースのディクテーションソフトウェアです。ユーザーは、Dragon Anywhereを使用して、iOS デバイスや Android デバイスでドキュメントを作成および編集します。Dragon Anywhereの主な機能は、音声のフォーマットと編集オプションです。

Dragon Anywhereの長所は、カスタマイズと継続的なディクテーションです。Dragon Anywhereには時間や長さの制限はありません。Dragon Anywhereの短所は、サブスクリプションベースであり、インターネット接続に依存していることです。

Dragon Anywhereの価格は、月単位または年単位のサブスクリプションによって異なります。ユーザーは、ニーズに応じて支払いプランを選択します。ユーザーからのフィードバックは、ユーザーの声に適応するDragon Anywhereの能力を賞賛しています。否定的なフィードバックには、ソフトウェアの価格が含まれます。

13. Braina

Braina は、 Windows コンピューター用のパーソナルアシスタントおよび音声認識ソフトウェアです。 Braina の主な機能は、チャットボット、タスクの自動化、およびリモートコントロール AI です。 Braina は、コンテキストを理解してユーザーからの質問に回答します。ユーザーは、 Braina アプリを介してコンピューターにアクセスして制御します。

Brainaの長所は、カスタムコマンドと柔軟な使用です。Brainaでは、パーソナライズされた使用のためのカスタムコマンドを作成できます。テキスト入力フィールドおよびソフトウェアと互換性があります。Brainaの短所は価格が高いことです。

Braina には無料版と有料版の両方があります。有料版には、月払いまたは年払いのサブスクリプションモデルがあります。ユーザーからのフィードバックは、 Brainaの使いやすさと効率性を賞賛しています。ネガティブフィードバックは、音声認識エラーによる時折の誤解に焦点を当てています。

14. Beey

Beey はオンラインディクテーションサービスです。Beeyの主な機能は、タイムスタンプと話者識別です。 Beey は、 文字起こしに自動タイムスタンプを追加します。 Beey 会話の話者を識別して区別します。

Beeyの長所は、ユーザーインターフェイスと速度です。 Beeyの直感的なWebインターフェイスにより、ファイルのアップロードと文字起こしが簡単になります。Beeyの短所は、インターネットに依存していることと、編集機能が制限されていることです。 Beey Webベースであるため、安定したインターネット接続が必要です。

Beey 従量課金制です。価格は、オーディオまたはビデオファイルの長さによって異なります。肯定的なユーザーフィードバックは、インタビューや講義の文字起こしにBeeyの利便性を強調しています。否定的なフィードバックは、Beeyの高価格設定方法に言及しています。

15. Philips SpeechLive

Philips SpeechLive はクラウドベースのディクテーションソフトウェアです。効率的なドキュメント作成を必要とするプロフェッショナルは、 Philips SpeechLive. Philips SpeechLive の主な特徴は、ライブ文字起こしとクラウドベースであることです。 Philips SpeechLive は、リアルタイムの音声認識技術を提供しています。

Philips SpeechLiveの長所は、柔軟性と効率性です。ユーザーは、モバイルアプリを使用して外出先でディクテーションを録音します。Philips SpeechLiveの短所は、使用の難しさと価格です。ユーザーがソフトウェアを効率的に使用するには、トレーニングが必要です。

Philips SpeechLive は、文字起こしの量に基づくサブスクリプションモデルで動作します。また、ユーザーがソフトウェアを試すための無料トライアルもあります。肯定的なユーザーフィードバックは、ディクテーション用のモバイルアプリの利便性を強調しています。否定的なユーザーフィードバックには、インターネット接続への依存が含まれます。

16. Windows 10 音声認識

Windows 10 音声認識は、 Windows オペレーティング システムの無料機能です。 Windows 10 Speech Recognitionの主な機能は、システム制御とトレーニングです。ユーザーは Windows内を移動し、アプリケーションを制御し、音声コマンドでファイルを管理します。

Windows 10 音声認識の長所は、価格とアクセシビリティです。このソフトウェアは組み込み機能であるため、追加費用なしで利用できます。Windows 10音声認識の短所は、精度レベルと言語サポートです。音声認識は、他のプログラムほど正確ではありません。

肯定的なフィードバックとレビューは、システム制御機能とその無料使用を高く評価しています。否定的なユーザーフィードバックには、精度の低さや言語サポートの制限が含まれます。

17. Google Cloud Speech API

Google Cloud Speech API を使用すると、開発者はオーディオをテキストに変換できます。 API は120以上の言語を認識します。 Google Cloud Speech API の主な機能は、リアルタイム音声認識、自動音声認識 (ASR)、およびカスタマイズです。 Google Cloud Speech API はリアルタイムの音声認識を提供します。

Google Cloud Speech APIの長所は、スケーラビリティと柔軟性です。大量の音声データを処理できます。Google Cloud Speech APIの短所は、価格設定と複雑さです。無料利用枠を提供していますが、高価なソフトウェアです。

Google Cloud Speech API には、制限付きの無料利用枠があります。価格はオーディオの量によって異なります。肯定的なユーザーフィードバックには、高い精度レベルとカスタマイズオプションが含まれます。否定的なユーザーフィードバックは、インターフェースの複雑さと高価格設定の方法に焦点を当てています。

18. Voice Finger

Voice Finger は、ユーザーが音声でコンピューターを制御するためのソフトウェアです。 Voice Finger は、障害者のアクセシビリティを向上させます。 Voice Finger の主な特徴は、ハンズフリー制御とグリッドシステムです。 Voice Finger は、マウスとキーボードをハンズフリーで制御するための包括的な音声コマンドを提供します。

Voice Fingerの長所は、アクセシビリティと効率性です。Voice Fingerは、障害のある人々に完全なアクセシビリティを提供します。Voice Fingerは、コマンドをすばやく実行するように設計されています。非常に短い時間でアクションを実行します。

Voice Fingerの短所は、複雑さと機能の制限です。ユーザーがグリッドシステムを学ぶには、時間と練習が必要です。Voice Fingerの焦点は、ディクテーションではなく、コンピューターを制御することです。

Voice Finger は 1 回限りの料金で購入できます。追加のサブスクリプション機能はありません。肯定的なユーザーフィードバックには、障害者にアクセシビリティを提供することが含まれます。否定的なユーザーフィードバックは、システムの複雑さを浮き彫りにします。

19. Microsoft Bing Speech API

Microsoft Bing Speech API は、クラウドベースの音声認識ソフトウェアです。これにより、開発者は対話型の音声エクスペリエンスを作成できます。 Microsoft Bing Speech API の主な機能は、ライブ文字起こしと音声翻訳です。ソフトウェアはリアルタイムで音声を書き起こします。

Microsoft Bing Speech APIの長所は、柔軟性とカスタマイズです。ユーザーは、さまざまなアプリケーションでソフトウェアにアクセスできます。これにより、音声認識モデルのカスタマイズが可能になります。ドメイン固有の語彙と用語に対応しています。

Microsoft Bing Speech APIの短所は、クラウドへの依存と価格です。これは、クラウド接続に依存しています。したがって、インターネットに接続していないと機能しません。大量に使用するには比較的高価です。

Microsoft Bing Speech API には従量課金制の価格モデルがあります。肯定的なユーザーフィードバックは、そのカスタマイズ能力を強調しています。否定的なユーザーフィードバックには、習得が難しい複雑なインターフェイスが含まれます。

20. Dragon音声認識ソリューション

Dragon Speech Recognition Solutionsは、高品質の音声認識ソフトウェアです。 Dragon 音声認識ソフトウェアの主な機能は、ディープラーニング技術とカスタマイズです。高度な機械学習を利用して、ユーザーの声を調整します。

Dragon音声認識ソリューションの長所は、生産性とクロスデバイス機能です。これにより、ドキュメントの作成時間が短縮されます。デスクトップとモバイルデバイスでのディクテーションをサポートします。

Dragon音声認識ソリューションの短所は、価格設定と強力なシステムの必要性です。このソフトウェアは、特に業務用では高価です。効率的に実行するには、強力なコンピューターが必要です。

Dragonの価格は、ライセンスモデルに基づいています。個人使用の場合は1回限りの購入と、業務用の場合はサブスクリプションプランがあります。肯定的なフィードバックは、ソフトウェアの精度と速度を強調します。否定的なユーザーフィードバックには、カスタマーサービスの経験と価格が含まれます。

コンピューター画面上でマイクと視覚音波を備えた音声認識技術を使用する人。
音声入力とデジタル文字起こしのインターフェースを示す音声認識技術が使用されています。

音声認識とは?

音声認識は、音声コンテンツを書かれたテキストに変換する機能です。音声認識技術は、音波を分析し、アルゴリズムを使用して音をテキストに変換することによって動作します。

音声認識 は、自動音声認識 (ASR) および音声テキスト変換と呼ばれます。高度な 音声認識 システムは、自然言語を理解し、さまざまな話し方のアクセント、方言、語彙を処理します。

音声認識はディクテーションと同じですか?

いいえ、音声認識はディクテーションと同じではありません。それらは関連していますが、わずかな違いがあります。音声認識は、人間の音声を認識するためのコンピューターの境界技術的能力です。これは、機械によって話し言葉を解釈するための総称です。 ディクテーション とは、音声をテキストに変換するプロセスを指します。ディクテーションは、音声認識のサブセットです。

音声認識ソフトの選び方は?

ソフトウェアを選択する際には、音声認識ソフトウェアの精度、言語サポート、互換性、および速度を確認してください。音声を正確に認識して文字起こしするソフトウェアを探してください。ソフトウェアが必要な言語または方言をサポートしていることを確認します。ソフトウェアがオペレーティングシステムと互換性があることを確認してください。一部のソフトウェアは、すべてのオペレーティングシステムで動作するわけではありません。ソフトウェアは、生産性を向上させるために、音声をリアルタイムでテキストに書き起こす必要があります。使用を開始する前に、ソフトウェアの容量と機能を確認してください。

ぼやけた背景に Gboard アプリのアイコンが表示され、音声入力機能を示します。
Gboardアイコンは音声入力に焦点を当てており、仮想キーボードテクノロジーの音声認識を象徴しています。

最も人気のある音声認識ソフトウェアは何ですか?

最も人気のある音声認識ソフトウェアは Google Nowです。 Google Assistantは、 Android オペレーティングシステムにあるため、最も人気のあるソフトウェアです。 Android オペレーティングシステムが最大の市場シェアを持っています。 Android が世界中で使用されているため Google 膨大な数のユーザーが Assistant にアクセスできるようになりました。

Google アシスタントは、さまざまなデバイスで利用できます。これらのデバイスには、スマートフォン、タブレット、 Google ホームスピーカーが含まれます。 Googleの音声認識は、 Googleのさまざまなアプリケーションや Chrome ブラウザで利用できます。

Windowsに最適な音声認識ソフトウェアは何ですか?

Windowsに最適な音声認識ソフトウェアは、Windows 10 Speech Recognitionです。Windows 10 音声認識には追加料金はなく、無料で使用できます。ソフトウェアの互換性により、使いやすさが向上します。

Windows 10 音声認識は、ユーザーにトレーニングを提供します。ユーザーは、使用を開始する前にソフトウェアをトレーニングします。トレーニングにより、ユーザーの声をよりよく認識できます。 Windows 10 音声認識は、音声コマンドの支援も提供します。

Macに最適な音声認識ソフトウェアは何ですか?

Macに最適な音声認識ソフトウェアは Siriです。SiriはAppleの仮想アシスタントであり、音声コマンドを使用して質問に答えたり、アクションを実行したりします。Siriを使用すると、ユーザーは自分の音声を使用してメッセージを送信したり、会議をスケジュールしたり、アラームを設定したりできます。

Siri は、高度な音声認識と機械学習を使用して、ユーザーの要求を理解します。 Macユーザーは Appleデバイスで無料で 互換性があるため、 Siriを最高の音声認識ソフトウェア として使用することを好みます。

音声認識ソフトウェアを使用するのは誰ですか?

一般消費者、専門家、学生、開発者、コンテンツ制作者は、音声認識ソフトウェアを使用しています。一般消費者は、音声認識を使用して、テキストメッセージを送信したり、電話をかけたり、音声コマンドでデバイスを制御したりします。音声認識を使用する専門家は、一般的に弁護士、医師、ジャーナリストです。音声認識ソフトウェアを使用してドメインベースの情報を指示します。

学生は音声認識を使用してメモを取り、論文を書きます。彼らはまた、レッスンを指示します。開発者は、このソフトウェアを使用して、音声認識技術の新しいアプリケーションを開発します。ポッドキャスターやYouTuberなどのコンテンツクリエーターは、トランスクリプションサービスを使用して、コンテンツのテキストバージョンを作成します。 音声認識ソフトウェアは、これらの人々にとって使いやすさとスピードで最も人気があります。

音声認識ソフトウェアの精度は?

音声認識ソフトウェアの精度は、ソフトウェア、オーディオの品質、バックグラウンドノイズ、および言語サポートによって異なります。ユーザーは、音声を正確に指示するソフトウェアを選択します。 Siri や Google Assistant などの音声認識システムは、一般的なタスクに対して高い精度を提供します。

精度はオーディオの品質によって異なります。オーディオ品質が低い場合、ソフトウェアは正確なディクテーションを作成しません。バックグラウンドノイズは精度レベルにとって重要です。バックグラウンドノイズが非常に多い場合、ソフトウェアはディクテーションを正確に作成しません。

よくある質問

はい、多くの音声認識ソフトウェアは、ワードプロセッサ、電子メールクライアント、プロジェクト管理アプリケーションなど、さまざまな生産性ツールとシームレスに統合できます。

Transkriptorは、その高い精度、広範な言語サポート(100以上の言語)で際立っています。また、手頃な価格、柔軟な価格設定パッケージ、ユーザーフレンドリーなインターフェースでも知られており、個人ユーザーと企業ユーザーの両方がアクセスできます。

音声認識テクノロジーは、エンドツーエンドの暗号化、安全なデータストレージ、GDPRなどのプライバシー規制への準拠など、さまざまな対策を通じてユーザーのプライバシーとデータセキュリティを確保します。

音声テキスト変換

img

Transkriptor

オーディオファイルやビデオファイルをテキストに変換する