オーディオからテキストへの変換はどのように使用されますか?

推定読書時間: 15 minutes

同じ時間で2倍の仕事ができるようになりませんか? あなたが学生であろうと専門家であろうと、あなたはオーディオからテキストへの変換に多くの時間を費やしているかもしれません。 あなたはそのようなプロセスがあなたの人生にもたらすことができる容易さと実用性のレベルについて考えさえしなかったかもしれません。 このテクノロジーの助けを借りずにタスクを実行している可能性があります。 このツールをタスクの補助として使用すると、タスクがどれほど簡単になるか想像できますか? このブログ投稿を読んだ後、オーディオからテキストへの変換が実際に何であるかを学びます。

オーディオからテキストへの変換とは何ですか?

それは、話された資料を入力として受け取り、それを書かれた経典として刻む行為です。 音声からテキストへのツールが、限られた個人向けの非常に特殊なツールであるとは思わないでください。 オーディオソースからメモを取る必要がある場合は、誰であってもこのツールを使用できます。 学術研究者、学生、ジャーナリスト、さらには弁護士でさえ、この技術を利用することが可能です。

オーディオをテキストに変えることで誰が恩恵を受けることができますか?

学生

blank
若い大学生は、コンピューターとモバイルデバイスを使用してオンラインで勉強しています。 教育とオンライン学習。

この人生の何かが一定であるならば、それは学生の時間管理の永遠の追求でなければなりません。 彼らは常に、パーティーにもっと時間をかけるための生産性のヒントやコツを探しています。 音声からテキストへのツールは、生徒に大きな安心を与え、生徒をより良い学習者にするツールです。 方法を見てみましょう:

すべての脳は異なります

読むか聞くか、どちらがより良い学習方法ですか? さて、明確な答えがないと言ったらどうなるでしょうか。

社会として、私たちはずっと前に教育における「万能」アプローチを打ち破るべきでした。 残念ながら、この時代においてさえ、時代遅れの教育システムが学生に害を及ぼすことを目にする可能性があります。 しかし、何も変わっていないと主張するのは間違いです。 人々は、すべての学生が同じではないという事実にもっと気づいています。 無害であるだけでなく、彼らが自分の道を切り開くことは自然で有益です。 その結果、生徒が学習体験を向上させるためのツールがたくさんあります。 オーディオからテキストへのテクノロジーはその1つです。 これらのツールを自由に使用できるため、学生はこれまで以上に最適な学習戦略を見つけて実装することができます。

あなたの「想像力」を使って学習する

読むことと聞くことによる学習の有効性の比較について何を言うことができますか? Matthew Traxler(カリフォルニア大学)などの研究では、さまざまな研究方法に関して、脳機能にほとんどまたはまったく有意な変化が見られませんでした。 それにもかかわらず、経験は個人によって大きく異なる可能性があります。 読むことは、聞くこととは対照的に、はるかに高い程度で想像力を伴う習慣です。 あなたが何かを聞いたり見たりするとき、あなたはそれ自身の現実を作り上げるあなたの脳の部分を働かせることができません。 そのため、人々は一般的に、映画版よりもオリジナルの本を好むのです。 映画は、彼らが作成した独自の現実に適合していません。 つまり、どのように勉強するかに関係なく、音声をテキストに変えて、読んでみてください。

録音されたクラスを聞くことを好む学生と、同じ資料を読むことを好む学生がいます。 ですから、すべきことは、これらのさまざまなクラスの生徒がメソッドを完成させるのを助けることです。

記録されている会議。 録音は自動的にオーディオファイルに変換されます。

理解が速くて簡単です

研究によると、平均的な成人は毎分250から300語を読むことができます。 効率的な理解のための理想的な会話速度は毎分150から160語です。 これは、資料のテキスト形式を読むことは、それを聞く/見るよりも2倍速くなる可能性があることを意味します。

悪い講師に伴う逆境は言うまでもありません。 一人の教授が強い訛りを持っていることは誰もが知っています。 または、資料をフォローできなくなるようなひどいペースでトピックを説明しているもの。 このような状況に誰もが我慢する必要はないと私たちは信じています

あなたがそれを聞くよりも読むことを好むこれらの学生の一人であるならば、もう時間を無駄にしないでください。 Transkriptorを使用すると、講義を数分でテキストに変換できます。

学術研究者

従来、学術研究プロセスでは、膨大な量のデータを収集して目的とする必要があります。 研究者は、被験者の言葉を入力として、フィールド調査でデータを収集します。 この情報の山は、研究者が望むほどきちんと整理されているとは限りません。 ファイルには通常、分類が難しい定性的な洞察やその他の種類のデータが含まれています。 そのため、研究者がこの面倒なアプローチを採用した場合、以前は多くの面倒な作業がありました。 コンピュータ上にあるデータの過度の蓄積について少し考えてみてください。 何時間にもわたって音声を聞き、入力し、分類します。

幸いなことに、より良い方法があります。オーディオをテキストに変換することです。 情報が音声形式の場合、情報を整理するのは不必要に困難です。 テキスト形式の場合、データの整理、整理、作成がはるかに簡単になります。 情報をテキスト形式に渡す最初のステップがなければ、目的を定めて解釈するのは非常に困難です。 最初にデータをテキスト形式に変換してみてください。 定性的な洞察を数値に変換し、データを整理し、視覚化する方が簡単です。 全体として、データをテキストに変換することは、研究目的にとって難しいが重要で有益なステップです。

ジャーナリスト

このツールは、ジャーナリストがインタビューを行うときに使用できます。 ジャーナリストは通常、何時間もの記録された映像を収集します。 彼らは、この膨大なドキュメントの山を理解し、それをきちんと整理された方法で提示する必要があります。 この新しいテクノロジーにより、面接を自動的にテキストに変換し、仕事をより早く終わらせることができます。 何が起こっているのかを理解するために、オーディオを繰り返し開始および一時停止する必要はありません。

ジャーナリストは今、無数の聴取に浪費されるであろう重要な時間を節約することに成功しました。

節約した時間を、記事の調整やキャッチーな見出しの検討など、他の生産的なタスクに使用できるようになりました。

会議は音声からテキストへの文字起こしによって自動的に記録されます

コンテンツクリエーターとプロダクションワーカー

あなたがクリエイターである場合、オーディオをテキストに変換することの利点をすぐには理解できないかもしれません。 なぜ試してみる必要があるのかを教えてください。

人々のコミュニケーションの仕方が変化していることを覚えておくことは重要です。 音声をテキストに変換するソフトウェアを使用すると、イベントをテキストに変換することで、イベントをよりアクセスしやすく、見やすくすることができます。

Convert-Audio-to-Text-Softwareを使用する理由

Audio-to-Text Converterソフトウェアは、さまざまな方法で使用できるツールです。 変換されたオーディオからテキストへのソフトウェアは、ビデオから音声を抽出し、それをテキストに変換して、ビデオに挿入し直します。 これは、聴覚障害や言語の壁がある人に役立ちます。 会議に参加できない人でも、必要なすべての情報を書面で見つけることができるため、マーケティング目的にも適しています。 このテクノロジーは、参加者だけでなく、会議の主催者としてのあなたにとっても多くの利点があります。

会議からの音声がテキストに変換されると、多くのことが起こります。 まず第一に、テキストコンテンツは障害を持つ人々にとってよりアクセスしやすくなります。 次に、テキストを共有したり、マーケティング目的で使用したりできます。

音声からテキストへの変換には、リスナーにとっても多くの利点があります。 たとえば、リスナーは自分のペースでコンテンツを検索する機会があり、以前よりも早く特定のトピックに到達できるようになります。

コンバータソフトウェアによってテキストに変換される会議
イベントに来られなかった人に知らせる

まず、イベントに参加できない人にはテキスト版を送ることが不可欠です。 テキストバージョンを送信することにより、人々が会議での議論について学ぶのを助けます。 テキストバージョンは、電子メールで送信するか、誰でもアクセスできるサイトに投稿できます。

テキストファイルを送信する最良の方法の1つは、電子メールを使用することです。 DropboxやGoogleドライブなど、ファイルをアップロードするオプションがある任意のサイトに投稿して、ソーシャルメディアを介して他のユーザーと共有することもできます。 メールでテキストを送信する場合は、メッセージの冒頭に、受信者が他のサイトへの添付ファイルやリンクを探すために受信トレイをスクロールする必要がないように、ダウンロード方法を説明する手順を含めるだけです。

音声をテキストに変換して視聴者を引き付ける

メモを取る仕事は反復的で疲れ果てています。 また、後で取るメモは、会話のメモと常に一致するとは限りません。 そこで、オーディオをテキストに変換すると便利です。 このオーディオからテキストへの変換ソフトウェアを使用すると、オーディオファイルをテキストドキュメントに変換できます。テキストドキュメントは、読みやすく、検索も簡単です。

音声からテキストへの変換ソフトウェアを使用すると、人々は簡単にメモを取り、スピーカーに集中することができます。 これにより、彼らは気を散らすことなく会議に参加することができます。

音声をテキストに変換することは新しい概念ではありません。 ただし、このオーディオからテキストへの変換ソフトウェアは、正確かつ効率的に機能するように、長年にわたって改善されてきました。 今日、この変換されたオーディオからテキストへのソフトウェアは、間違いなくあらゆる言語のオーディオをテキストに変換することができます。

オンラインでの可視性と追加の宣伝を得る

最後に、最善を尽くしてその音声を会議のテキストバージョンに変換し、記者、メディアエージェンシー、ブロガー、ジャーナリストにイベントで起こったことの正確な説明を提供します。

メディアエージェンシーは、引用を抽出し、音声をテキストに変換して、別の方法で表示します。

コンバーターソフトウェアによってスピーチをテキストに変換する女性

この会議は、業界の専門家と連絡を取る機会です。 会議が終了したら、スピーチのテキストバージョンを含む電子メールを送信できます。 メディアエージェンシーは見積もりを抽出して公開します。 これはあなたが無料であなた自身とあなたの会社を宣伝することを可能にします

オーディオをテキストに変換する方法は何ですか?

手動による方法

自動的に変換できるテクノロジーが登場する前は、実際の人間がこれらの操作を手動で行っていました。 労働者は最大限に音声を聞いた
注意を払い、話された素材の最も正確なレプリカを提供するために最善を尽くしました。 試練全体は通常、顧客がフリーランスの労働者に音声を送ることから始まりました。 その後、フリーランサーにとって苦痛なプロセスが始まります。 それらは、play-pause-writeのループに入る必要があります。 それは、彼らがリアルタイムのスピーチと同じくらい速くタイプする特別な能力を持っていない限りです。 これは、最終的に彼らが仕事を完了するまで、10億回繰り返されます。 フリーランサーが1時間の長さのオーディオを行うための平均時間は5時間です。 これは、膨大な時間の浪費(またはタスクを外部委託することにした場合はお金)のいずれかを意味します

このアプローチは、無駄で面倒なだけでなく、精度の点でも不十分な結果をもたらす可能性があります。 これは退屈な仕事であり、最終的なテキストに間違いやギャップが生じることがよくあります。 フリーランサーの単調な仕事は彼らを間違いの影響を受けやすくします。

自動方式

まったく新しいAIを利用したテクノロジーのおかげで、新しい音声文字変換ソフトウェアは大幅に改善されました。 この新しいテクノロジーは、人間の介入を少なくして、はるかに迅速かつ効率的に作業を行います。 会議、講義、会議の変換を自動化して、他の重要なことに集中できるようにすることができます。

この新しいAIを利用したテクノロジーは、人間の労働者から得られるものと同じくらい正確です。 ミスが少なく、作業がはるかに速くなるため、時間を節約できます。 だからあなたを助けますそれは人件費/賃金の面で何も費用がかからないのでそれはまたより安いです。

テキストに変換するために記録されている講義

自動または手動?

自動の方が速い

AIベースのテクノロジーでは、人が注意深く耳を傾け、言われていることを一言一句書き留める必要はありません。 その機械学習機能により、聞き取りながらリアルタイムで単語ごとのテキストドキュメントを作成できます。

マニュアルの方が精度が良い

一般的に、肉体労働は細部や詳細に焦点を当てることができるため、精度の点で優れています。 結局のところ、たまたま専門家でもある本物の人間が仕事をしているのです。 それにもかかわらず、Transkriptorの新しい音声認識技術は、機械がその仕事をしたとさえ感じないことを証明しました。 正確さに関して言えば、Transkriptorは、ほんの一握りの間違いで、手動の作業者を抱えています。

トレーニングや経験がなければ、音声をテキストに変換するのは簡単ではありません。 そのため、これらのアプリは、音声ファイルを数秒で書かれたテキストに変換することで、このプロセスを容易にします。

Audio to TextConverterアプリを使用する

会議はビジネスにとって重要なツールです。 彼らはあなたに決定を下し、インプットを得て、そして情報を共有する機会を与えます。 ただし、会議には時間がかかり、管理が難しい場合があります。

オーディオからテキストへのコンバーターアプリは、会議中にメモを取りたい人にとって素晴らしいツールです。 彼らは職場で時間を節約する簡単な方法を提供します。

これらのマシンは、人間が会話の速度に追いつくよりも速く音声を書き写すことができます。つまり、これらのデバイスは会議について何も忘れることはありません。 実際、ビジネス会議では、オーディオ録音を標準タイプの録音として使用する必要があると主張できます。 一人の人が自分の記憶や書かれた配布物から覚えていることだけに頼るのではなく、正確で完全な情報を提供します。

Audio to TextConverterアプリに電話のメモを取らせます

メモを取ることはビジネスマンにとって必要なスキルです。 会話をしているときにメモを取るのは本当に難しく、重要な詳細を忘れてしまうかもしれません。 また、メモを取りたいのに、相手が何を入力しているのかわからないためにメモをとることができない場合もあります。

よくある質問:

音声をテキストに変換できるソフトウェアはありますか?

AmberscriptやOtterのようないくつかのオプションがありますが、1つはすべてを通して輝いています。 ソフトウェアの名前はTranskriptorです。 機械翻訳技術に依存し、オンラインで公開されている他の記事を引用して独自のコンテンツを生成し、履歴書のトランスクリプトを提供したり、テレビネットワークがテキストと照合するためのスピーチを開いたりします。blank

オーディオファイルをテキストに変換するにはどうすればよいですか?

音声からテキストへの変換は、専用のソフトウェアを使用することで可能になりました。 オーディオファイルをテキストに変換するのに役立つさまざまなデスクトップアプリケーションがあります。 これらのプログラムは、1分に相当する録音メッセージを処理するのに数分しかかかりません。blank

オーディオファイルを自動的に転記するにはどうすればよいですか?

それらをテキストに書き写すには、ソフトウェアとその使用方法のノウハウが必要です。 お好みの文字起こしサービスを見つけてください。 音声ファイルをアップロードした後、トランスクリプトを受け取り、都合の良いときにレビューを開始できます。
ステップ1:ファイルをアップロードする
録音を転記するには、まずファイルをアカウントにアップロードします。 これは、Webブラウザを使用して簡単に実行できます。
ステップ2:出力形式を選択します。
アップロードしたら、文字起こしのリターンメディアファイルのテキスト形式と単語形式のどちらかを選択します。
ステップ3:トランスクリプトを取得するblank

最高のオンライン音声文字変換サービスは何ですか?

オンライン音声文字変換サービスは、音声トラックまたは何が起こったかについての口頭インタビューを行うマシンまたはコンピューターサービスです。 通常、彼らはそれを書面の文書に入力させます。 これらのサービスには、Happyscribe、Transkriptor、およびTrintがあります。 これらのツールを使用すると、トランスクリプトの切り取り、貼り付け、書式設定などの基本的な編集を実行できます。blank

オンライン文字起こしは安全ですか?

企業および法律上の目的での文字起こしには、多くの場合、高レベルの正確さが要求されます。 筆記者が誰であるか、データがどこに送られるか、どのプログラムまたはAPIが承認されているかはわかりません。 しかし、それらのいくつかは、彼らがあなたのデータを決して使用または保存しないという保証を与えます。 これらのサービスを信頼するのはあなた次第です。blank

シェア:

その他の投稿