オーディオからの自動トランスクリプト:ジャーナリストはどのようにそれを取得しますか?

ジャーナリズムはなぜそんなに難しいのですか?

ジャーナリズムは簡単な仕事ではありません。 これには、膨大な量の反復的でありふれたタスクが含まれます。 それだけでなく、創造性と労働倫理も必要です。 ジャーナリストは、退屈な作業であるオーディオ録音からトランスクリプトを取得する責任があります。 これは多くのジャーナリストがしなければならない大変な仕事です。 ジャーナリストは、時間管理スキルをより効率的にする必要があります。 結局、彼らはこのタスクに何時間も費やしています。 音声から自動トランスクリプトを取得する方法があれば。

手で繰り返しトランスクリプトを取得する

繰り返しの文字起こしは、ジャーナリストにとって最も苛立たしい作業の1つです。 ジャーナリストは、インタビュー、会議、その他のイベントの記録を入手するために何時間も費やしています。 彼らはまた、イベントで言われたり行われた重要なことを見逃さないように注意しなければなりません。

彼女のインタビューの音声の自動トランスクリプトを取得するジャーナリスト。

ジャーナリストがこの退屈な仕事に我慢する理由はたくさんあります。 しかし、主な理由は、レポートの正確性を維持したいということです。 たとえば、誰かが「私は問題を直接見た」と言ったが、ジャーナリストはそれを「私は問題を直接見た」と誤解した場合。 その間違いは彼らにとって非常に高くつく可能性があります。 それで彼らはそれを絶対に避けようとします。

ジャーナリストとレポーターは、オーディオ録音に大きく依存しています。 しかし、彼らはしばしばインタビューやイベントを独立して書き写すのに苦労しています。 解決策があります。

音声の自動トランスクリプトを取得すると、書かれたドキュメントをスキャンするのが簡単になるため、ジャーナリストはデータをより適切にキャッチできます。 このようにして、ジャーナリストは録音を聞く時間を減らし、インタビューのテクニックを向上させることに多くの時間を費やすことができます。

オーディオファイルから自動トランスクリプトを取得するAIソフトウェアの台頭

これが、ジャーナリズムのワークフローでAIツールの人気が高まっている理由です。 彼らは繰り返しの文字起こしの世話をし、ジャーナリストが退屈な仕事に時間を無駄にすることなく彼らの仕事に集中するのを助けることができます。

音声機能からのトランスクリプトの使用はかなり前からありましたが、音声からテキストへの技術の出現を考えると、その使用は最近急増しています。 これにより、ジャーナリストは以前よりもはるかに高速で音声から自動トランスクリプトを取得できるようになりました。これは、音声からの自動トランスクリプトがポップアップするのを待つ間、他のタスクに集中する必要がある人に非常に高く評価されています。

オーディオの自動トランスクリプトを取得するために通常Transkriptorを使用するジャーナリストのドキュメント。

さらに、ジャーナリストは常にメモ帳を携帯しなければならないことが多く、これは面倒な場合があります。 彼らはメモを取ることによって彼らがする必要がある他の仕事に集中することができません。 今日、AIの新しい開発のおかげで、オーディオから自動トランスクリプトを取得できるようになりました。 これはジャーナリストのための時間節約の装置です。 インタビューや他のタスクを書き写すのではなく、記事を書くことに集中できるようになったからです。

その仕事をすることができる多くのソフトウェアがあります、しかし我々はタスクのためにTranskriptorを推薦します。

Transkriptorを使用してオーディオファイルの自動トランスクリプトを取得するのはなぜですか?

Transkriptorは、ジャーナリストが音声から自動トランスクリプトを取得できるようにするAIを利用したソフトウェアです。 このソフトウェアは、手頃な価格で、人間の10倍の速さで転写できます。 ジャーナリストはこのツールを使用して、インタビュー、講義、会議、その他のライブイベントなどの音声から自動トランスクリプトを取得します。

ジャーナリストは、トランスクリプトを使用して、オンラインまたは印刷物でコンテンツを作成できます。 また、ソーシャルメディアを通じて視聴者と共有することもできます。

Transkriptorの最も一般的な使用例は、ジャーナリストがイベントの発生直後にイベントについて書きたいが、ライブの文字起こしを行う十分な時間がない場合です。 そのため、Transkriptorを使用して音声から自動トランスクリプトを取得します。

シェア:

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

その他の投稿